2009年9月アーカイブ

快適日記

広い変形前室が生む快適な就寝スペース、ファミリーテントの新定番ドーム。

ワイドな前室スペース:
変形五角形の前室はラゲッジスペースになり、
濡らしたくないギアや荷物を余裕で置くことができます。
リビングとしても使えます。

大型サイドパネル:
フロントパネルを閉じて横からの出入りも楽にできます。
出入口としてだけでなく、室内と前室のベンチレーターとしても機能します。

適切な換気コントロール:
フライシート後部にベンチレーターを1ヶ所装備しています。
結露を軽減する重要な機能です。

大型Dタイプ入口パネル:インナーテントのメイン出入
アメニティドーム


体を鍛えながらダイエットに挑戦している人には、絶対にお勧めの一品

全体的な体脂肪率だけでは分からない
腕や足、胴体の皮下脂肪率と骨格筋率が簡単に分かり、
どこが鍛えたり無いのか、瞬時に分かるようになっています。

部位別の皮下脂肪率・骨格筋率のバランス変化を
4段階で判定、正しいダイエットの継続を。

「同年齢比較」機能搭載 
皮下脂肪率と骨格筋率を両腕/体幹/両脚の部位別に測定するとともに、
同じ体格/性別/年齢の人の平均値と比べて多いのか少ないのかを部位別に5段階で表示します。
HBF-701


ハイブリッド方式で年中パワフル除湿。

除湿:能力は非常に高いです。

乾燥すると自動でOFFとなるので便利です。

室内を除湿して、快適な生活環境にします。

室内が乾燥すると、自動的にOFFになる高機能の除湿機です。
F-YHE120


一歩先をリードするクッキングツールは、一度その楽しさを知ったらやめられません。

お子様といっしょにヨーグルトや氷づくり。

笑顔にもっと花が咲くヘルシーなツールたちです。

トリハロメタンをしっかり除去。

指にぴったりフィットで使いやすい切換レバー

気になるトリハロメタンをシャットアウト!トリハロメタンの除去性能を強化しました。

特徴は、

トリハロメタンの除去性能を強化

様々な蛇口にマッチする、やわらかい曲線を生かした本体フォルムとカラーアクセント
デミキューブ


生活の便利商品やクッキング便利ツールがたくさん販売されています。

便利ツールマニアの主婦も多いようです。

自慢の最新の便利ツールをたくさん見せてもらったことがあります。

便利ツールは、日々進歩して高機能化します。
高価な便利商品を使わないままで、しまっておくのはもったいないですね。

便利ツールは、使ってこそ価値あるものに変化します。
使わない便利商品は、只の置物です。
倉庫や納戸を占領する邪魔物です。

便利な商品を購入したら、価格の高低には関係なく
じゃんじゃん使いましょう!


金魚を飼いませんか

東錦(アズマニシキ)は、昭和18年に加藤金蔵氏が作出した金魚です。


東錦(アズマニシキ)を作出した加藤金蔵氏は、横浜の金魚商です。


「オランダ獅子頭」と「三色出目金」を交配して金魚が作出されました。


その後、関東地方の土地柄を考慮して、東錦(アズマニシキ)と呼ばれるようになりました。

東錦(アズマニシキ)の体型は、「オランダ獅子頭」で、体色は「三色出目金」です。


交配した品種の「オランダ獅子頭」と「三色出目金」の特徴をシッカリと受け継いだ品種です。
東錦


レッドチェリーシュリンプは、台湾に分布している体長3cm程度のエビです。

通称名は、ミナミヌマエビ""レッド""です。


ミナミヌマエビと交雑することが可能と考えられます。


目立たない体色のヌマエビの仲間ですが、赤くてキレイで繁殖も容易なので人気があります。


寿命は1~2年程度です。

レッドチェリーシュリンプの生息に適した水質は、弱酸性~中性です。


生息に適した水温は、10℃~28℃です。


レッドチェリーシュリンプの餌(えさ)は、植物性でも動物性でもOKです。
アカムシ等の、動物性の餌(えさ)は成長が早くなります。
レッドチェリーシュリンプ


ホウネンエビ(豊年えび)は、昔は水田でよく見かけます。


正式な分類では、無甲目(ホウネンエビ目)ホウネンエビ科ホウネンエビ属です。


日本の初夏の、水温が高い水田で見かけられます。


小さな動物ですが、水田では群れているのでスグに見つかります。

泳ぐ時の姿勢が特徴的で、仰向けに泳ぎます、人間であれば背泳ですね。


ホウネンエビの体は細くて、弱々しいイメージを受けます。
全体的に透明感があって白っぽい色です。

頭からは左右に複眼が突き出しています。
ホウネンエビ


ウィローモスは、水生コケの通称です。


世界中の温帯~熱帯の地域にかけて分布しています。

水中葉は糸状に細長く、濃緑色や黒みがかった緑色で茂っています。

ウィローモスは、流木や石などの物に着生する性質があります。


清流の中や水辺では、石や岩に着生しています。


着生植物ですが、必ず着生する「土台」が必要はありません。


水中に漂った状態でも育成は可能な植物です。
ウィローモス


小学生の頃に、庭に穴を掘って小さな池を作りました。

池には、お祭りで買って来た金魚を入れました。

河口で、長さ10センチメートル位の白くて細い魚を獲りました。

その魚を、池に入れました。

海の魚か、川の魚か分かりませんでしたが死なずに育ちました。

その内、金魚がキズだらけになりました。

金魚が少なくなっているようです。

近所の猫が犯人だと思っていましたが・・・・

池を掃除したら、大きく育った"うなぎ"がでてきました。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25